20代、0円スタート投資ブログ。定年まで続くかな?

20代、貯蓄0円の『KABUReマウス』がおくる、定年までの投資ブログ。趣味や雑談も時折、掲載。ゆる~くご覧ください。

為替、110円切る。109.92円

FOMC後の記事で述べたが、私の読みは短期的には外れた。

しかし、数日後、為替は109.92円に突入。円高が進行している。株式市場に目を移せば、ダウは25,502㌦となり、-460㌦と久々に3桁の下落を記録した。NASDAQ総合は、7,642㌦で-196㌦、S&P500も2,800ポイントで-54ポイントを記録、3指数揃っての下落となっている。

下落要因は、3つだろう。1つ目は、FOMC後の連銀関係者の発言だ。特に、経済見通しの下方修正は大きく影響したであろう。2つ目は、イギリスのEU離脱問題。3つ目は、米中貿易摩擦に対する、米中貿易協議の先行きの不透明感だ。他、米国の利上げ停止による金融機関関連株の下落も一定の影響を残した。

米国の利上げ停止による円高。連銀関係者の景気減速発言は、日本株にも大きな影を残す。更に、イギリスのEU離脱や米中貿易摩擦など、先送りにより問題が長期化し、リスク度が増している。いつ転んでもおかしくない、そんな相場が市場を支配しているのではないだろうか。

FOMC後の感想

FOMC後の感想

さて、FOMCの結果を受けて、どうだったでしょうか。

先日、私はロイターの記事を取り上げ、株価は値下がり、市場が混乱する可能性も含んでいることを述べた。

まず、結論から言うと私の考えとロイターの記事の内容は、悲観過ぎた。つまり、1日をみた限りでは、読みが外れたのだ。

ただ、全て外れたと言うとそれは異なる。まず、米国株は3桁の値下がりを見せた。利上げの停止により、金利で稼ぐ金融機関(特に銀行系)が値下がり率を牽引。

また、ハト派的な発言とは言え、前回のFOMCで述べられた内容と重複する部分も多く、市場が織り込み済の内容となったため、サプライズとはいかなかった。以上の結果、特段、大きな値上がりも無かったようだ。

株式市場は、横這いな様だが為替は異なってくるだろう。米国が利上げを停止すれば、日本は円高に傾く。事実、1ドル110円50銭(2019/3/21 19:33)を割り込んだ。日本株への悪影響が懸念されるだろう。

以上のことから、FOMC直後においては、米国の金融機関に一定の悪影響が生じ、米国市場の下落に結び付いた。だが、それ以上の影響は今のところを為替を除けば出ていない。問題は、為替動向だ。日本株への悪影響が心まず配されるだろう。

開催後も気が抜けないFOMCとなった。

【FOMC】~タカ派的メッセージに受け止められる可能性も~

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190319205048j:plain

FOMC

タカ派的なメッセージに受け止められる可能性も~

REUTERS発

2019年3月20日/11: 45/

『焦点:ハト派投資、米FOMCで失望か=ストラテジスト』

19日、NYから報じられたロイターのニュースである。

要約すると、政策金利をめぐる米連邦準備理事会(FRB)と市場の見通しに、

大きな乖離があり、20日までの連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が、市場が

予想するよりもタカ派的となり、世界的に市場が動揺する恐れがあること

を伝えている。

取材先は、ウィーデンのデリバティブ・ストラテジスト、マイケル・パーブス氏。

なぜ、タカ派的な発言に捉えられる可能性が浮上したのか。

タカ派的予想の根拠】

理由の1つ目として、ハト派的な発言と解釈されるうえでの条件が厳しいこと

が挙げられる。

1.FRBが想定利上げをゼロにする(←条件①)

2.バランスシート政策に対する緩和方向の「強い」発言(←条件②)

理由の2つ目は、タカ派的な発言が十分可能であることだ。

1.第4・四半期のVIXを通して確認された市場ストレスの緩和

2.クレジットスプレッドの縮小

3.コモディティ価格の上昇

4.米10年債利回りの水準が低いこと(←3.0%を目指してもおかしくない)

理由の3つ目は、既に市場がハト派的な発言を織り込んでいることだ。

つまり、更に株式市場にとってプラスとするならば、かなり強力なハト派的発言

FOMCに求めなければならない。

今回のFOMCは、かなり注視しなければならないかもしれない。特に、

短期売買のトレーダーは要注意だ。

 

【免責事項】

・本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません

・本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません

・期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください

・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します

【100円積立投資】eMAXIS Neo 経過報告です。

 

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190103005757j:plain

【100円積立投資】

今日は、サクサクっと結果発表します。

【運用経過報告】

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190319135226j:plain

・・・あなたは気付いただろうか。

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス』があることを。

なぜか、Neoのところに食い込んできちゃいました。

まぁーそんなことはさておき。

eMAXIS Neoの皆様、調子が今一つですね。

1週間?2週間?前は、損益率が全て+10%

を超えていたのに。+5%~+6%の間で

ほとんどが落ち着いちゃってます。

しかし、

そんな中、『eMAXIS Neo 遺伝子工学』くん

が健闘中。+13%を維持しています。

一方、宇宙開発とドローンが心配。

マイナス圏への転落も...

まっ、地道に続けちゃうんですけどね。

そんなことを言いつつ。

 

 

※『銘柄紹介』について

ナノテク・ドローン・VRにおける『銘柄紹介』は、三菱UFJ国際投信で、

まだ、全銘柄の発表が行われていないため、紹介リストが公表され次第、

順次、取り上げていきます。

 

【免責事項】

・本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません

・本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません

・期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください

・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します

 

 

 

【米国株式】

 

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190103155402j:plain

【米国株式】

米国株式、経過報告です。

の前に、、、

【いきなり小話】

最近、Netflixを初めて、毎晩映画見てます。

ハート・ロッカー』、『グリーン・ゾーン』、『ダンケルク

『フュ―リー』、『ハクソーリッジ』、『プライベート・ライアン

・・・

全部、戦争関連の映画💦

そんな中、

マネー・ショート 華麗なる大逆転』を見て、

大興奮。

皆さん、見たことある方いますか?

リーマンショックの数年前、

一部のトレーダーは、米国の住宅ローンの杜撰さに気が付き、

逆張り。一方の、大手投資銀行や証券・保険会社は、

何のことかと、気にもしない。

取引所も、格付け会社も、FRBや政府でさえ。

リーマンショックは何だったのか。

富を得た者たちはいったい何者なのか。

なぜ、世界は気付かなかったのか。

そして、莫大な富を得た者たちはその後どうなったのか。

気になる方は、ぜひ、見て下さい。

投資とは何なのかを深く考えさせられます。

【経済指標】

株価指数

・NYダウ

25,914.1$

・S&P500

2,832.94㌽

NASDAQ総合

7,714.48㌽

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190319205048j:plain

指数は、こんなところですかね。さてさて、

お待ちかねのFOMC(米連邦公開市場委員会)

が、19ー20日に開催される。

市場は、それに伴い、様子見ムードが漂う。

ただ、NYダウは5日移動平均線と25日移動

平均線が交わる、ミニゴールデンクロス達成

まで、まじかな状態。現状を維持したいところだ。

FOMCは、今回ハト派的な内容になるのではと、

注目されている。利上げ回数が引き下げられれば、

株式市場にとっては大きなプラスとなる。

米中貿易摩擦をはじめとするリスク要因も、

いまだ多々ある中で、今回のFOMCハト派的な

内容となれば、株式市場の大きな上昇が見込まれ

なくても、底堅い展開が期待できるのではないだろうか。

【運用成績発表】

【個別株】

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190319135215j:plain

相変わらずな状態です。

MOMOは、好調。ヘルスケアセクター、しっかり。

一方、VZ、BMYは少し弱き。KHC、KOは低調。

18日は、中国ネット・IT株が軒並み高かった。

アリババ・グループが前日比0.48%上昇。

百度は、0.40%上昇した。

他、

シートリップ:+1.78%

JDドット・コム:0.75%

ウェイボー:0.35%

ネットイース:0.47%

モモ:0.94%

 

【iFree・NYダウインデックスファンド】

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190319135211j:plain

【iFree・S&P500インデックスファンド】

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190319135207j:plain

指数に関しては、そこまで目立ったコメントは無い。

ただ、若干円高に傾いているので、

指数が値上がりしても、円高の影響で、上昇が抑えられる

ているところがある。

 

【〆の小話】

なぜ、私がMOMOを買ったのか。

気になる人がいるだろう(...たぶん)

きっかけは、米国個別株を持ちたいなと思い、

SBI証券でスクリーニングを行った際に、

出てきた。

成長株&割安株でスクリーニングを行った、

その際は。

で、ちょうど数日前に、

中国では一人っ子政策の影響だかで、

男女が中々結婚できない状況らしく、

無理に好みでもない人と結婚するよりも、

憧れの女性に仮想でもいいから貢たい、

男性がいるらしいニュースを知ったことがきっかけ。

で、MOMOがその代表格であり、私が購入する時は、

値下がっていたわけ。

で、今は何か利益しっかり出してんじゃんってなってる。

よく言うけど、身近なニュースや小耳にはさんだニュースには、

案外、チャンスが転がっているかもね。

 

【免責事項】

・本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません

・本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません

・期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください

・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します