20代、0円スタート投資ブログ。定年まで続くかな?

20代、貯蓄0円の『KABUReマウス』がおくる、定年までの投資ブログ。趣味や雑談も時折、掲載。ゆる~くご覧ください。

【地銀勢か?米国債の増加額トップ】地銀のあるべき姿を考える

 

f:id:Tyokin-BuuBuu:20181229135649j:plain



日本、増加額トップ

9月4日の日経新聞によると、

財務省は、「海外の米国債保有が1~6月に3802億㌦(約40兆円)増えた。」と、発表した。

増加額トップは日本で、831億㌦。他、英国530億㌦、インド214億㌦など多くの国で増加した模様だ。年金基金、生保をはじめとする機関投資家からの流入が影響していると考えられる。

日本の統計では、7月以降も外国債投資が増え、多くは米国債に流れているとみられる。

地銀勢も決死の運用

国内地銀の積極的な外債投資へも目が離せない。4~6月期の決算で、上場地銀の6割強は最終減益。厳しい経営環境が続くなか一部地銀では米国債の値上がりで決算を助けられた銀行も存在する。

日銀の低金利政策の影響で、利鞘による収益確保は年々厳しさを増している。新たな収益源の柱として、外債への積極的な運用が銀行内で注目を集めはじめている。

特に、ジャンク債に近い債券(S&PならBB以下、ムーディーズならBa以下の債券。投機色が強くリスクも高い)への投資が広がりを見せていることが特徴的だ。通常なら、年金勢やスプレットバイヤーなどリスク分散の専門性に長けている機関投資家が投資するのが一般的。

国債米国債等の安定資産を中心に運用を行っている地銀が増加していることは、それだけ伝統的な利鞘による利益増加が見込めなくなっていることの表れかも知れない。

不適な外債運用

金利政策の状況はわからず、企業の内部留保も過去最高の463兆1308億円を記録。銀行から資金を借りる必要がない現状に加え、相変わらずの低金利政策は、銀行の収益に大きな重しとなっている。

だが、だからと言ってハイリスクな金融商品に預金者から集めた資金を投資しても良いのか疑問に思う。そもそも、外債投資を地場産業にどの様なプラス効果があるのだろうか。

世界を舞台に貢献するメガバンクなら、企業目的の観点からも不自然ではない。また、関連会社の証券会社や信託銀行などにも運用のプロがおり、人的資源・情報資源ともに潤沢だろう。

一方で、地銀はどうだろうか。地元企業の成長を後押し、地場産業を成長させる地銀の目的からも不自然である。更に、人的資源にも乏しく、海外支店なども少ない中、情報資源の獲得も厳しい状況下で、実際に損失を出しているケースもある。

目先の投機よりも本業見直しを

結論からいうと地場産業コンサルティング企業になることが一番だろう。カネの貸し借りだけの銀行は淘汰されていく時代だ。

 

銀行がコンサルティングに向いている明確な理由がある。1つ目に地場産業のカネ・情報は大量に保有していること。2つ目に、ヒトに関し地元企業のトップとの繋がりを活かせるという特有の武器がある。3つ目に、企業のモノ・サービスを共有できるネットワークいわば販路に近いルートを持っていることである。

 

では、これだけの武器を持っているのにも関わらず、なぜ、伝統的な利ザヤによる融資に固執してしまうのか。理由として、1つ目に無駄の多い事務手続きによりコンサルティングの時間が確保できていない点。2つ目に事務職への過剰な人員配分により、営業職への負担増加と1社あたりのコンサルティング品質の低下。3つ目に預金/融資/為替/投信/生保等、多岐にわたる業務による専門性の欠如。以上の3つが挙げられる。

伝統的な銀行構造の抜本的な見直しが必要だろう。ペーパーレス化、IT化、AI化による事務の簡素化と人員削減。余剰人員は、営業職へ配置換えし、コンサルティング(=旧融資)部隊と資産運用(=投信/生保)部隊に最大限人員を割き収益の最大化を目指すべきだ。

本社部門の人員も最低限にとどめる。同一労働同一賃金が導入されれば、正規ではなく派遣で雇えばコストを削減できると言う安易な発想は適用できない。人材コストを大幅に縮小し収益を見出せる行員のみにすべきだ。

また、店舗も縮小しオンラインネットワークでカメラ会議などができる環境も整備し、設備コストの削減も重要だろう。

収益源となる営業職が最大限貢献できるように、無駄な預金業務や集金業務の縮小も重要だ。「ついでだから」と言う理由で、コンサルティングの時間を割いてまでする価値はほぼないだろう。

代り、コンサルティング料金や資産運用における料金は、成功報酬制にすべきである。成功報酬制をすすめる理由として、不正営業(回転売買など)の防止と行員の意識改革が目的である。もちろん、収益が不安定化するリスクはある。だが、成功報酬制にすることで、担当先のコンサルや資産運用の品質改善、行員自身の品質も向上する。1件1件を大切に扱うようになるだろう。

 

目先の収益に囚われず、後世にも残る銀行になるためには、地場産業で何ができるのか、地元の人に何を提供できるのかを本気で考える必要があるのではないだろうか。国債や外債を運用して、地元にどの様な恩恵を提供できるのか。是非、積極的な外債運用を試みようとしている、地方銀行の頭取にお答え頂きたい明確に。

 

もう一度言う、

『外債や国債を運用して地場産業・地元にどの様な恩恵を提供できるのだろうか。』

 

 

【損益率トップ10】で見る、保有投資信託

損益率で見る投資信託

連日で投稿するのは何カ月ぶりでしょうか。

今回は、保有している投資信託の損益率で傾向を見てみようと思います。

ただ、実は余りにも悲惨なことになっているので、

そこはご了承下さい(笑)

意外と面白い結果に

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190821165335j:plain

以上が、現在の結果。

三菱UFJ国際投信がかなり優秀です。

しかも、遊びで始めた eMAXIS Neoシリーズが、意外にも健闘。

ただ、注目すべきはREIT。「りそな」さんありがとう!!

JREITのみならず、海外REITも入ってきました。

問題は、「大和-iFree」さん。入っているのは直近で買い増しした『日経225』のみ。

『iFree-NYダウ』『iFree-S&P500』『iFreeNEXT-NASDAQ100』をズ~と買い増しして、

継続しているのに、現在マイナス圏で低迷中(´;ω;`)。頑張って!!

陰で、期待しているのは【三菱UFJ国際投信-ジャパンESG】

ESG(環境:Environment 社会:Social ガバナンス:Governance)に力を入れている企業

に投資を行い、長期的収益を目指すファンド。ESG投資は世界的に広がっており、

投資家も重視している。今後も更なる収益が目指せる分野だと考えている。

今後の投資

とりあえず、引き続き購入は継続(全分野)。

最新の投資信託の情報収集などはするが、資金をまわすかは別。

なんか、まとまらないけど、参考になれば幸いです。

債券比率急上昇、ポートフォリオを見てみた

THE 保守的超長期投資

今日は、だんだん自分の投資が保守的になってきました。

20代、新興国とかレバレッジかけて時間を味方に投資すればいいのに

だんだん...保守的に

その証拠が以下

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190820165652p:plain

初の現金登場!!+債券&金も追加予定?

いやはや、銀行の定期預金をバカにしていた私が、

定期預金にまた力を入れ始めました。

もちろん、以前から話しているゼロクーポン債は継続中。

不思議なのが日本国債

買い始めた理由は、銀行が嫌いで全部現金を預けるのが癪だから。

だから、国債を買い増した。

ただ、よくよく考えると日本国が破綻する確率と日本の国内銀行が破綻する確率って、

国内銀行が破綻する確率の方が高くね?

って、思ってます(笑)

あと、最近、金の価格が上がってますよね。どうなんですかね?金

『有事の金』

Yjamからも『ウルトラバランス世界株式』という、

債券と金を組み合わせ、さらにレバレッジを掛けたバランスファンドが販売されました。

安定運用をしながら高リターンを目指す、矛盾しているようなファンドですが...

興味はあります。たぶん、買わないけどね

皆さんはどうですか?

ポートフォリオって、見てるとその人の心理が見えてくるなーって思います。

皆さんは、どんなポートフォリオを組み合わせていますか?

以上、9連休中の投稿でした。

米国ゼロクーポン債 ~経過報告~

米国ゼロクーポン債 ~経過報告~

毎月、100$から200$を継続購入中です。

本当は、「10,000$くらいで毎年購入するのが良い」

と言う話も聞いたことありますが。

そこは、あまり気にせず。

 

で、今夏、

夏のボーナスが入ったので大幅増額。

2,000$購入しちゃった。

丁度、円高だし(^^;

 

今後の目標

とりあえず、引き出しが困難な定期預金的な存在として、

引続き100$~200$で毎月購入ですね。

それに、老後資金の土台として積み立てます。

 

トランプが相変わらず、中国へ敵対感情丸出しにしたり、

グリーンランド購入とか意味不明なことを言ってますが、

25年後、アメリカ政府が存続していることを祈りながら、

購入を継続します。

 

そうそう、ついでに初めて「個人向国債10年変動」購入しました。

10万円分ね。

『最強私的年金運用①』~米国ゼロクーポン債~

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190119123820j:plain

 

はじめに

日本人は、自主的にかつ自立した老後の資産形成ができていない。

いきなり、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人。厚生年金と国民年金の管理・運用を行っている。)の運用ポートフォリオを提示したが、私たちの年金を運用する機関ですら、様々な投資手法を用いて、日々、市場と葛藤しながらなんとか増やそうと努力している。

その反面、年金で老後生活を送ろうとしている私たちの多くは、ただ任せているだけ。考えることすらしない人が大半ではないだろうか。

最近、企業型確定拠出年金(通称:401K)が取り入れられ、自己責任での運用に注目が集まっている。だが、内情は悲惨なもので。元本確保型の預金や保険が主流で、株や債券等へ投資する投資信託に手を出そうとする人はそう多くはない。くわえて、企業型と書いてあるように企業の資金を元手にしている。だったら、尚更、賢く運用を行うべきではないだろうか。自己資金ではないのだから、401Kで運用し、更にはそこで学んだ知識を自己資金で私的な運用に活かし、三段階目の年金を作る糧にすべきだ。だが、そこまで踏み込めないのが、実情である。

そこで、投資に恐怖や不安、心配を感じ、いまだに自身で運用を行えない人向けの最強の投資手法を伝えたいと思う。手法は二つ。

米国ゼロクーポン債への投資

iDeCoの活用

以上の2つから自己資金で第三段階目の私的年金を作ってみては如何だろうか。

(↓はイメージ)

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190529132513j:plain

さて、本日は「米国セロクーポン債」について紹介する。

 

 

米国ゼロクーポン債

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190103174216j:plain

1.ゼロクーポン債とは

そもそも、ゼロクーポン債は何か。文字通り読むなら、

「米国(アメリカ)」の「利子が0(=利子が無い)」の「債券」

さすがに、アメリカは理解できると思うので、

まず、一番最後の「債券」というキーワードから考えていく。

 

1-1債券とは

債券は借用証明書である。

つまり、「金を貸すから期日までに返済しろよ」

という契約を債権者(投資家)と債務者(アメリカ政府)で契約した

ことを証明する券である。

しかも、株式とは異なり償還日が設定されており、期日には額面の金額を

返済する義務が債務者に発生する。

だから、アメリカ政府がぶっ潰れない限り、債券は返済される。

以上が、簡単な債券の仕組み。

 

1-2ゼロクーポンとは

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190103005757j:plain

ゼロクーポン=利子が無い

と言うこと。

『えー利子がないの?』

『利子が貰えた方が良いじゃん』

『損じゃないの?』

とか、思われているかも。てか、そもそも利子とは何かを説明します。

 

1-2-1利子って?

まず、自分がお金を貸す側の人間だと考えて下さい。

AさんとBさん、どちらにお金を貸しますか?

 

Aさん『100万円貸してください。10年後に返済します』

Bさん『100万円貸してください。10年後に返済します。更に毎年1万円支払います。』

 

私ならBさんですね。

だって、Bさんに貸せば、トータルで110万円手に入るからです。

一方、Aさんは100万円が返ってくるだけ。

Bさんは、10年後の返済を約束し且つ毎年1万円を支払ってくれる。つまり、年間1%の利子収入が発生する。あっ、利子がでてきましたね。この仕組みが利子です。

ちなみに、何でこんなことをするのか。お金は有限です。誰だって簡単にお金を貸してもらえるわけではありません。

例えば、あなたは今、手持ちのお金が1万1千円あります。

①『一番の親友が、1万円貸してほしいと頭を下げてきた場合』と

②『話したことが数回ある程度の人が、1万円貸してほしいと頭を下げてきた場合』

たぶ、①親友にどちらかと言えば貸すのではないでしょうか。

それは、信用力があるからです。

では、②の人はその信用力を補うにはどうするべきか。利子を付けるのです。

仮に、両者とも1年後に返済するとして、②の知人が毎月3千円支払うという条件

を付けました。すると、②の知人からトータルリターンは46,000円。

つまり、貸した金額が4.6倍になって戻ってくる計算です。これが利子です。

まとめると、信用力を補填する役割があります。

では、利子が無い債券って?

 

1-2-2ゼロクーポンの真の意味

確かに、文字通り捉えれば利子は0です。

しかし、実際のところ利子は支払われます。

償還日にまとめて、支払われるのです。

『・・・?』

となるでしょう。私も当初はそうでした。

図で説明します。

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190529145229j:plain

上記の通りです。

定期的に利子が支払われるのか、

償還日に利子を含めた額が返済されるのかの違い。

ただし、実際はゼロクーポン債の方がリターンが大きくなる

可能性が高い。その理由は後々。

 

2.ゼロクーポン債のメリット

では、ゼロクーポン債のメリットを紹介します。

 

2-1:複利運用が可能

1-2-2で最後に、普通の債券よりトータルリターンが増える可能性が高い

と述べましたが、その理由が複利運用です。

5年間100万円を、単利で年間1%の運用を行うと最大で105万円です。

一方、単利を複利にかえると、105万1010円。1010円増えます。

これが、ゼロクーポン債複利のメリットです。

 

2-2:低価格で購入可能

100米$から購入可能(SBI証券の場合)です。だいたい、1万円~1万900円くらい

でしょうか。現在の為替から考えると。定期預金と思って私は購入してます。

 

2-3:高金利

高い利率も魅力です。銀行の定期預金を考えてみましょう。

三菱、三井、みずほ、ゆうちょ、揃いも揃って、0.01%。

SBJ銀行:0.35%(都市銀の35倍)

GMOあおぞらネット銀行:0.03%(都市銀の3倍)

イオン銀行:0.02%(都市銀の2倍)

では、米国ゼロクーポン債の年利換算は如何でしょうか。

年単位の収益(利回り)は、最大で驚異の2.63%(都市銀の263倍)。

なぜ、定期預金ばかりを好む日本人の考えが分かりません。

私も日本人ですが(笑)

 

2-4:安全性

国債の格付けで信用度をチェックしてみましょう。

上位10カ国は、ドイツ、ルクセンブルク、オランダなど欧州各国や

北欧、常連のオーストラリア等が連なっております。

そして、11位にアメリカです。

ムーディーズはAaa、S&PはAA+と格付けの判断を下しました。

では、日本はと言うと、23位。中国、韓国、香港よりも下。

どう考えても、日本国債ましてや日本の銀行に預金するより、

米国債に投資した方が安心ではないでしょうか。

 

3.ゼロクーポン債のデメリット

メリットだけと言いたいところだが、デメリットもある。

 

3-1:簡単に引き出せない

正直、償還日まで待たないと恩恵を受取ることはできません。

ちなみに、私が投資している米国ゼロクーポン債は、27年後が償還日。

私が50歳になったら、投資額の倍以上になって戻る。

お金を殖やすことと引き換えに直ぐには使えないと言うデメリット。

 

3-2:カントリーリスク

簡単に言えば、アメリカ合衆国がぶっ潰れるリスク。国が無くなれば、

当然、債券の償還も不可能になる。

ただ、政界最強の軍事力と経済力を持つ国が、

そう簡単に潰れるとは考えにくい。

 

3-3:価格変動リスク

中途解約しなければ問題なし。

 

3-4:為替変動リスク

円高になると損失が発生する可能性がある。

ただし、80円を切る位の大幅な円高にならないと損はでない。

しかも、今後、日本の経済力はアメリカと比較して低下する。

経済力の強い国の通貨の価値が上がるので、

理論上は、円安になる可能性が高い。

ただ、100%円高にならないとは言えない。

しかし、1$80円を切ること等めったにないし、

もし、そうなったとしてもドルで保有している限り問題ない。

円安になったタイミングで円に決済すればいいのである。

 

 

米国ゼロクーポン債まとめ

以上が、米国ゼロクーポン債である。

ちなみに、金融機関の人はおススメしない。

なぜなら、彼らの収益にはならないからだ。

手数料も低く、回転売買も行えないので、収益にならない。

だからこそ、安く安全に複利で殖える『最強の私的年金』だと、

私は思う。

老後の資金で定期預金をしているのではなく、

ぜひ、米国ゼロクーポン債へ一部でも投資してみては如何だろうか。

 

「私もやってるゼロクーポン債

 

今日はこのあたりで。

 

 

【免責事項】

・本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません

・本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません

・期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください

・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します