20代、0円スタート投資ブログ。定年まで続くかな?

20代、貯蓄0円の『KABUReマウス』がおくる、定年までの投資ブログ。趣味や雑談も時折、掲載。ゆる~くご覧ください。

とりあえず、REIT ETF(上場不動産投資信託)の小話。

 

どもども、KABUReマウスです。

 

ようやくの投稿ですが、お許しを。

さてさて、、、最初に紹介するのは

 

REIT ETF(上場不動産投資信託)

 

とりあえず、商品の説明は後回し。

だって、気になるのは儲かってるか否かじゃないですか

だから、、、ドーーーーーン

 

f:id:Tyokin-BuuBuu:20181201120538j:plain

 

 9月からはじめて、2カ月以上経過。少額なので、損益はちょっといまいちですが💦比率は3%以上を取り合えず達成してるのでいいかなー。だって、銀行の定期預金は最大で0.12%ですからね。あっ、常識ですか(笑)

 

 元本割れの恐れはあるものの、全部定期預金にするよりも一部を不動産や株、債券に移すのも必要だなぁ~って思いませんか?

そろそろ、、、REIT ETFを説明しますね。

 

[目次]

1.REIT ETFとは

2.REIT ETFのメリット

3.REIT ETFのデメリット

4.REIT ETFのまとめ

 

 

1.REIT ETFとは

投資信託の初心者の方には、あまりなじみがないかも。まずは、REITETFの説明からはじめますね。

 

 1-1REIT

 

REITの誕生は、投資大国のアメリカです。「Real Estate Investment Trust 」を略してREIT。日本では、「Japan-Real Estate Investmant Trust」=「J-REIT」として、「2018年10月までに61本のファンド(2018/10不動産証券化協会)」が運用されてます。

投資家から資金を集め不動産へ投資。投資した不動産からは、賃料収入や売買益が得られ、収益から投資家に配当がもたらされます。投資家は、間接的に不動産のオーナーとなる、一方で運用会社が不動産の一切の管理を行うので、現物不動産へ投資するよりも、手間は格段に少ないです。

 

 2-1ETF

ETFとは、「Exchange Traded Funds」の略。特徴は、東京証券取引所等の金融商品取引所に上場している点です。市場に上場しているので、通常の投資信託に比べ、常に価格を把握することが可能。基本的には、日経平均株価TOPIX等の指数に連動する運用が行われます。

 

2.REIT ETFのメリット

 1.投資信託よりもお得

信託報酬が安いので長期運用を行う人にはお得な状況になる。

 

 2.リアルタイムでの売買が可能

通常の投資信託と異なり、上場しているので市場が開いている間、好きな価格で売買が可能

 

 3.リスク分散効果

オフィス、ホテル、住宅、商業施設、倉庫など様々な不動産に投資。また、首都圏のみならず、関西や福岡などの様々な地域の物件に投資することでリスクを抑制します。

 

 4.少額から取引可能

約1万円~取引が可能。

 

 5.毎月分配金の受取が(元本払戻金なし)可能

KABUReマウスのREIT ETFの分配金基準日を見てみましょう!

NZANJリート 1月 4月 7月 10月

ISJリート    2月 5月 8月 11月

大和Jリート     3月 6月 9月 12月

上記の様に、組み合わせ次第で毎月分配金を受け取れます

 

 6.その他

 ・専門家が不動産の管理、運用を行うので手間がかからない

 ・分配金の配当率が高い

 

3.REIT ETFのデメリット

 1.上場廃止リスク

 

 2.自然災害リスク

 

 3.不動産価格下落リスク

 

 4.倒産リスク

 

 5.金利変動リスク

 

 6.分配金変動リスク

 

4.REIT ETFのまとめ

 REITは、株式投資信託と債券投資信託の中間的な位置付け。株価や金利が不安定な時にこそ、選択肢の1つとして考えるのは如何でしょうか。

また、REIT ETFREITETFのメリットを兼ね備えた優れもの。私的には、元本払戻金を気にせず組合せ次第で毎月分配金を受取れるは嬉しいです

もちろん、元本割れが発生するリスクもありますが、それでも、2カ月ほどでしっかり利益を出しているREIT ETFを今後も大切に運用していきます(笑)

 

趣味の話は、次回かな💦

以上、KABUReマウスの小話でした。*1 

*1:投資は自己責任でお願いします。このブログは、利益を一切保証するものではございません