20代、0円スタート投資ブログ。定年まで続くかな?

20代、貯蓄0円の『KABUReマウス』がおくる、定年までの投資ブログ。趣味や雑談も時折、掲載。ゆる~くご覧ください。

【1時間30分】で読み終わる本③ 『マンガ版 堀江貴文の「新・資本論」』

久々の大人買いをして、本の虫になりそうです。
どうも、KABUReマウスです。

6780円
5冊

久々の高揚感と至福を感じました。
私の中では、本は投資であり価値あるものです。

と、言うことで今回も、
1時間30分で読み終わる本の第三冊目をご紹介。

今回は、こちらっ!!

f:id:Tyokin-BuuBuu:20181215135035j:plain

(笑)自分でも突っ込みたくなります。
「また、ホリエモンかよ」って

『マンガ版 堀江貴文の「新・資本論」』 堀江貴文 宝島社 2018年9月


金自体に価値は無い。信用に価値がある。信用は金にあるのではなく人にある。金を殖やすな信用を増やせ。そして、信用を増やす行動をしろ

私の感想としてはこんな感じです。

今回は、お金の本質を暴く本。
「私たちにとってお金とは?」
日ごろ、悩まされる課題です。

「お小遣いが少ない。。。」
「家計が赤字。。。」
「借金が。。。」
「教育資金が。。。」
「貯金しなきゃ。。。」

身近に沢山の悩みがありますよね。
私も悩まされている一人です。
ただ、本書を読んでお金に対する考え方が少し変わりました。

結論から言うと、
お金殖やすことが課題なのではなく、信用を創造できていないことが本質的な課題
ということです。

例えば、「お小遣いが少なくて困る」
世の男性陣は、多少なりとも思い当たるのではないでしょうか。
ただ、大半の人は不満を持っているのにもかかわらず、改善しようと動きません。
ここで、少し動いてみましょう。

・奥さんの家事や育児の手伝いを積極的に行う
・奥さんにプレゼントをする
・両親と旅行に行く
・両親に贈り物をする

などなど、まずは信用されるような行動を起こすことが大切です。

「家族や家庭にサービスしてもダメだよっ...」
必ず、こう言う愚痴をこぼす人もいます。

それならば、副業すればいい。
趣味を誰かのために活かせることは容易です。
それも、一種の信用創造ではないでしょうか。
「こんなにも素晴らしい写真を撮れる人がいる。なら、この人に撮影の依頼をお願いしようかな。」とか、
最初は、0円でも続けていけば、立派な収益になるかもしれません。

投資だって良いのではないでしょうか。
応援したい企業や人に投資して、配当や値上がり益を受取る。
信用できる人やモノに投資する。
あるいは、自身で信用できるモノやサービスを提供し、信用してもらう。

結局、「お金を殖やす」よりも「信用を創造する」
そうすれば、おのずとお金は殖やせるし、お金を殖やす以上の価値ある人やモノが自身の周りに集まるのではないでしょうか。

そんなこんなで、信用できる人になれるように頑張ります。行動します。

ーーーーーーーーーー

最後に質問ですが、
『困った時にあなたは、遠慮なく何人の人に「お金を貸して」と言えますか?』
『そして、実際に何人があなたにお金を貸してくれますか?』
それが、今のあなたが持つ信用度の1つではないでしょうか。