20代、0円スタート投資ブログ。定年まで続くかな?

20代、貯蓄0円の『KABUReマウス』がおくる、定年までの投資ブログ。趣味や雑談も時折、掲載。ゆる~くご覧ください。

今週のREIT ETF

 

堅調に推移。REIT ETF

 どうも、KABUReマウスです。それにしても、アメリカ市場も日本市場も、株価の動きはさえないですね。私の個別株や株式投信も影響受けてます。

 ただ、そんな中、堅調に推移しているのがREIT ETFです。たぶん、手持ちの商品の中で安定してプラス圏で推移中です。あと、少額ですが、決算が発表され収益分配金を頂きました。ゆうちょ銀行で受け取った、初の分配金。正直、とっても嬉しかったです。

 そんなこんなで、早速ですが今週のREIT ETFの結果を公表します。

 

REIT ETF結果

f:id:Tyokin-BuuBuu:20181216101919j:plain

iSJリート:+3.22%

大和Jリート:+4.22%

NZAWJリート:3.65%

平均リターン:3.69%

 個別で見ても、+3%以上を維持し平均も+3.5%以上と順調なのではないでしょうか。

 都心のオフィス空室率も初の1%台となり、今後もオフィス需要をはじめ、不動産系は順調に推移しそうな予感です。ヘルスケア施設セキュリティ施設なども徐々に増えていく可能性も十分あります。また、関西圏ではマンションやアパートを外国人が買っているらしいです。なんでも、民泊などの需要を見越してのことだとか。

 東京オリンピック大阪万博などイベントも控える中、まだまだREIT市場の成長の余地はありそうです。

収益分配金銘柄

第18期間 収益分配金をだしたのは、こちら。

NZAM 上場投資信託 東証REIT指数

銘柄コード:1595

委託会社:農林中金全共連アセットマネジメント株式会社

受託会社:三菱UFJ信託銀行株式会社

収益分配金:100口につき1,700円

まとめ

 収益分配金は100口につき1,700円。私は10口しか保有していなかったので、自販のペットボトル飲料くらいの分配金を頂戴しました。今後も、機会を見ながら買い増しします。

 ちなみにREIT ETFに対する個人的な方針が3つあります。

 

①中期的な視点

 

 あくまで、不動産への投資という点に着目。人口減少が進む日本においては、長期的に不動産需要があるとは考えにくい。

②収益分配金がメイン

 

 比較的配当利回りが高いREIT。値上がり益を狙って売買を繰り返すよりも、安定的に収益分配金を受取ることに専念しております。市場規模も、株式市場に比べれば小さいです。成長中の市場と言う側面はあるものの、メインはやっぱり収益分配金。

③困った時の助け舟

 

 今がその困った時。日米とも株式市場は不透明感が酷い。外債は為替相場が気になるし、国内債券は投資対象としては魅力に欠ける。なら、現預金か。でも、お金に働いてもらいたい。そんなことを考えるとREITが消去法で浮かびます。

 株と債券の間にいる立ち位置で、国内ものなら為替相場の影響もほぼ受けない。日銀金融政策決定会合は気になるが、大きく金利が上がるとは思えない状況。貯金のお利息も微々たるもの。だったら、利回りの高いREITは投資対象としていいのではないでしょうか。

 

【免責事項】

・本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

・本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません

・期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください。

・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。