20代、0円スタート投資ブログ。定年まで続くかな?

20代、貯蓄0円の『KABUReマウス』がおくる、定年までの投資ブログ。趣味や雑談も時折、掲載。ゆる~くご覧ください。

あけましておめでとうございます。新年、初投稿。

2019年1月1日

  

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190101001904p:plain

 

 

ご挨拶

 皆様、あけましておめでとうございます。

平成最後の大晦日も明け、平成最後の正月に突入です。去年も色々なことが沢山ありました。

米国市場をはじめ日本市場も大きく乱高下した、激動相場。今年は、果たしてどの様な相場展開になるのか。

まだまだ、英国のEU離脱や米中貿易問題、日韓問題、トランプ大統領など多くの不確定要素があります。しかし、猪突猛進で、相場が上昇して欲しいもの。

皆様の健やかなご健康と堅調な資産形成を願い、今年も精一杯、マーケットで戦いましょう

イノシシ年の相場

イノシシ年の相場の格言

亥(い)固まる

相場が固まるという意味では、去年に比べて落ち着きを取り戻す可能性があります。上向きで固まれば、安定成長。一方で、下向きで固まれば、停滞と言ったところでしょうか。

ちなみに、2007年はリーマンショックで、2008年に金融危機です。ここのところ亥年は、良いイメージがありません。しかし、過去の成績を振り返ると、上昇が4回で下落は1回と好成績。勝利は、4勝1敗です。

 

topics.smt.docomo.ne.jp

世界経済の成長鈍化が叫ばれる中、今年の亥も2007年、08年と同様、悲劇を起こすのか。それとも、上向くか。見逃せません。

大発会の傾向

2019年の大発会は、1月4日(金)8:40~実施です。年頭挨拶は、日本証券取引所グループ取締役兼代表執行役グループCEO 清田 瞭氏が行います。手締め(発声)は、東京証券取引所取締役専務執行役員 岩永 守永氏です。

 

www.jpx.co.jp

 

大納会は、前サッカー日本代表監督 西野 朗 氏がゲストで呼ばれ2018年が締めくくられました。しかし、相場はサッカーの様に予想を覆す好成績とは行かず、下落に転じました。ちなみに、日本代表が勝利すると日本相場はマイナスになる確率が多いとか。さて、大発会後の相場はどうなのでしょうか。

大発会は、ご祝儀相場と言われ、上昇に転じる場合が多いです。実際に、過去2年間は大幅高。また、1月は他の月に比べ上昇確率が高い傾向です。海外の不確定要素は散見されますが、年始のご祝儀に加え、新元号のご祝儀相場の可能性も、2019年はあり得ます。

2019年ポートフォリオ

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190101010025j:plain

大枠ですが、2019年の私のポートフォリオです。J-REITの割合を現在の1.5倍以上にする点が大きな変更点。債券は、内外合わせて20%を維持。問題は株です。日本株とその他外国株の追加購入を去年より控えます。その分が、J-REITに移るのですが。米国株も控えるか考えましたが、去年と同様に維持することにしました。2019年は、中期運用のJ-REITでどこまで利益確定し儲けられるか。また、日米株がどこまで調子を戻してくれるかが、重要なポイント。長期運用とは言え、利益を出せるように頑張ります。

終わりに

外市場は日本市場よりも早く開きます。最初は米国市場での戦いからですかね。とりあえず、NYダウとS&P500の動向が気になるところ。米国は本当に気になります。特に予算とJ&Jが心配。

ただ、冷静さを忘れてはいけませんね、2018年の反省を活かした運用を心掛けます。

マーケットは戦場。戦友とともに、2019年の戦場でも戦っていきます。また、マーケットで戦いたい方に、少しでも有益な情報が提供できるようにブログの投稿も手を抜かずに頑張ります。

2019年も、KABUReマウスの『20代、0円スタート投資ブログ。定年まで続くかな?』をよろしくお願い致します。


【免責事項】

・本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません

・本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません

・期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください

・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します