20代、0円スタート投資ブログ。定年まで続くかな?

20代、貯蓄0円の『KABUReマウス』がおくる、定年までの投資ブログ。趣味や雑談も時折、掲載。ゆる~くご覧ください。

ポートフォリオ改定します

 

ポートフォリオ改定

そう言えば、ボクってポートフォリオを見せていないなぁーと思って、本日公開します。

さまざまな意見はあると思いますが、アドバイスはめっちゃ受け付けます。だって、他の人の意見って面白いし役立つとめっちゃ役立つからね。

ちなみに、私の投資方針を以下に。

投資方針

超長期投資

投信に関しては、期間20年以上を考えてます。個別株に関しては、まちまち。IT・通信に関しては、キャピタル重視なので短期(最長3年)。一方、KOなどはインカム重視で10年以上。

迷っているのはJ-REIT。中期運用を考えていたが、超短期運用になる見込み。2020年3月には全部売却する予定。REITのインカムは惜しいけど。東京オリンピックが7月だから、5月にはピークアウトしそう。

 

債券には投資しない

債券を購入しない理由。

ボクが若いから。

ちなみに、23歳です。内外株や不動産がある中で、今から債券投資は余りにもチャンスを逃していると思う。

例えば、私が55歳とか60歳とかなら、債券は購入する方が良いかも。大きく値下がることも無いし、利子は安定配当だから。

ただ、まだ20代前半。わざわざ数万円を債券にはちょっとね。それに、配当貴族とか配当王とか言われる株やダウの負け犬戦略、REITとかやれば、安定配当を狙える。株の値下がりに関しては、REITとか不動産関連の投資を短期的にぶち込めば、株の値下がりを補完できるかなと。

仮に、債券をやるとしても社債くらいかな。正直、当分する気はないです。

 

メインは米国株式市場

 理由1.アメリカを含む全世界の有力企業に投資ができる。実際、アメリカ市場で中国企業のMOMOを購入しています。

理由2.勝手に分散投資になる。世界の40%以上かつ世界の市場NO.1とNO.2がアメリカだから。

理由3.投資家にチャンスが多い。個別株では、高配当企業やユニコーン企業が多数ある。投信に関しては、多国籍企業への投資となるので、一国や一地域のマイナス影響を分散できる。

 

20代で1,000万円の資産づくり

 短期的な視点では、10年で1,000万円の資産を作ることが目標。20年以上の投資を考えていますが、ただ短期的な視点で目標を持つことにより、今回のようなポートフォリオの見直しもできることから、短期的な目標も設定しています。とりあえずは、1,000万円の資産づくりが目標。

 

私のポートフォリオ

現在のポートフォリオ

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190119122344j:plain

目標ポートフォリオ

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190119123530j:plain

GPIFポートフォリオ

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190119123820j:plain

なんか、GPIFのポートフォリオも掲載しました。年金扱っているだけあって、債券もしっかり取り入れていますね。

さてさて、私のポートフォリオはどうでしょうか。ほぼ、半分が米国株式市場。将来的には、50%を米国株式市場にする予定

で、注目はJ-REIT日本株よりも安定して推移しており国債と比べても配当利回りが良い東京オリンピックまでは、ある程度順調に推移すると予想。さらに、今年一年でJ-REITから値上がり益を頂く予定。REIT勝負の年です。

ちなみに、貯金はいま0円です。転職に伴う引っ越し費用に計上。0円になっちゃった。現金の保有もしっかり行います。

 

以上、ポートフォリオ改定でした。

皆さんのポートフォリオはどうですか?

 

【免責事項】

・本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません

・本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません

・期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください

・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します