20代、0円スタート投資ブログ。定年まで続くかな?

20代、貯蓄0円の『KABUReマウス』がおくる、定年までの投資ブログ。趣味や雑談も時折、掲載。ゆる~くご覧ください。

【米国株】2019年2月 第1週

 

【米国株】2019年2月第1週

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190103155402j:plain

2週間?3週間?くらい、報告ができませんでした。今日は、現時点での結果を報告します。先週あたりが、結構いい数字が出てたんですけど、遅くなってしまいましたね💦

 

2019年2月第1週、米国株結果発表

個別株

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190210123313j:plain

 

iFree・NYダウインデックスファンド

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190210123322j:plain

iFree・S&P500インデックスファンド

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190210123332j:plain

 

米国株式講評

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190114112742j:plain

ようやく、プラス圏にいくつかの銘柄が出てきました。NYダウとKO、今週の前半はS&P500もプラス圏にいたのですが。

しかし、前回と比較して回復感がありません。正直、予断を許さない状況になってきたと思います。特に、米中貿易の協議の行方が心配。

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190119143952j:plain

今週、トランプ大統領が自身の訪中予定は無いと発言。協議の難航が伺えます。閣僚級会談は実施されますが、知財関係で難航することが予想されています。もし、3月1日で協議の期限切れになれば、米国は追加で、中国からの輸入品約22兆円に対し15%の関税引き上げ(計25%)を実施予定。経済への悪影響は回避できない状況となります。

政治的不安も残ります。米朝協議です。果たして、結果は出るのだろうか。不透明感が市場の売買の停滞に結び付かないことを祈ります。政治といえば、米国予算。こちらも心配です。暫定予算の期限もまじか。一般教書演説でトランプ大統領がどの様な発言をするのか注目。場合によっては、再びの政府機関閉鎖の可能性もあります。

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190103005809j:plain

トランプ大統領の動向が、市場の不安定化を呼ぶ原因となっています。以前からそうですが、改めて感じます。政治家として、大事なのは妥協点を見出すこと。政治家の仕事は協議の妥協点を見つけ、結果を出すことです。トランプ大統領は拘りが強すぎる。国境の壁しかり、対中協議しかり。一方で、対朝協議に関しては、パフォーマンスでしかないのではと思う程、なにも見えません。

早急な妥協点の提示と問題解決が、米国株式の安定化に結び付くのではないかと思います。