20代、0円スタート投資ブログ。定年まで続くかな?

20代、貯蓄0円の『KABUReマウス』がおくる、定年までの投資ブログ。趣味や雑談も時折、掲載。ゆる~くご覧ください。

【米国株】まだ、1週間経ってないけど緊急報告

 

【米国株】緊急報告

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190103155402j:plain

突然の報告です。

米国株が全体の総利益でプラス転換しました。

+1,710.23円(2月14日 20:06)

米国の主要3指数(NYダウ、NASDAQ総合、S&P500)揃って上昇中。

トランプ大統領の予算案への署名が影響していると考えられます。

渋々の合意ではありますが、これ以上の政府機関閉鎖は、

大統領自身の政治生命へ危険を及ぼすと考えたのではないでしょうか。

また、米中貿易の協議においても、報道各社で米国優勢の状況であると

報じられております。猶予期間は今月末。しかし、米国側では、

新たに2カ月(60日)の延長とともに、新たな制裁措置を用意し

協議に向き合う姿勢が、米国有力紙ブルーム・バーグで報じられました。

中国側はどうでしょうか。

「双方に利益があり、ともに受け入れられ、そして世界にとっても

 利益がある結果で合意できるように望む」(中国外務省報道官)

前向きな合意形成ができるように努める姿が、中国側でも伺えます。

現状、中国側が妥協する公算が高いです。

2018年から続く米中貿易摩擦。今回の米中協議で終止符が打たれるのか。

それとも、世界経済の景気後退が叫ばれる中、協議が難航し、

更なる景気不安定化に拍車をかけるのか。3月まで予断を許さない状況は続きます。

 

米国個別株

米国個別株に関しては、KOVHTが+に転換しました。外貨換算はMOMOも+転換。

円換算評価損益

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190214194729j:plain

 

外貨換算評価損益

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190214194738j:plain

 

個別株は、まだ不安定な状況が続いています。

一方で、インデックスファンドは少しづつではありますが、

+を維持しつつあります。

 

iFree NYダウ・インデックスファンド

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190214194718j:plain

 

 

iFree S&P500・インデックスファンド

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190214194708j:plain

 

インデックスファンドにおいては、両指数とも2,000円以上の利益。

米国の内外政治の安定が見え始め、リスクを取るドル買いが進み、

円安の効果も出ています。

米国株指数の上昇と円安の進展、両者の効果が現れた結果ではないでしょうか。

米国内での経済指標も大きな波乱を呼ぶ指数は今のところ出ていません。

政策金利に関しても、各連銀総裁が一端利上げを止めて様子見あるいは

評価をすると述べており、利上げの可能性はかなり低いです。

米朝会談も注目。ただし、景気にどこまで影響するかは不明です。

マイナス要因になったとしても長期間に及ぶ可能性は低いと見られます。

とりあえず、米中貿易摩擦の経過を予想しながら、

米国株の様子を今後も見ていこうと思います。

では、緊急報告でした。

それでは。

 

【免責事項】

・本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません

・本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません

・期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください

・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します