20代、0円スタート投資ブログ。定年まで続くかな?

20代、貯蓄0円の『KABUReマウス』がおくる、定年までの投資ブログ。趣味や雑談も時折、掲載。ゆる~くご覧ください。

【米国株式】

 

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190103155402j:plain

【米国株式】

米国株式、経過報告です。

の前に、、、

【いきなり小話】

最近、Netflixを初めて、毎晩映画見てます。

ハート・ロッカー』、『グリーン・ゾーン』、『ダンケルク

『フュ―リー』、『ハクソーリッジ』、『プライベート・ライアン

・・・

全部、戦争関連の映画💦

そんな中、

マネー・ショート 華麗なる大逆転』を見て、

大興奮。

皆さん、見たことある方いますか?

リーマンショックの数年前、

一部のトレーダーは、米国の住宅ローンの杜撰さに気が付き、

逆張り。一方の、大手投資銀行や証券・保険会社は、

何のことかと、気にもしない。

取引所も、格付け会社も、FRBや政府でさえ。

リーマンショックは何だったのか。

富を得た者たちはいったい何者なのか。

なぜ、世界は気付かなかったのか。

そして、莫大な富を得た者たちはその後どうなったのか。

気になる方は、ぜひ、見て下さい。

投資とは何なのかを深く考えさせられます。

【経済指標】

株価指数

・NYダウ

25,914.1$

・S&P500

2,832.94㌽

NASDAQ総合

7,714.48㌽

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190319205048j:plain

指数は、こんなところですかね。さてさて、

お待ちかねのFOMC(米連邦公開市場委員会)

が、19ー20日に開催される。

市場は、それに伴い、様子見ムードが漂う。

ただ、NYダウは5日移動平均線と25日移動

平均線が交わる、ミニゴールデンクロス達成

まで、まじかな状態。現状を維持したいところだ。

FOMCは、今回ハト派的な内容になるのではと、

注目されている。利上げ回数が引き下げられれば、

株式市場にとっては大きなプラスとなる。

米中貿易摩擦をはじめとするリスク要因も、

いまだ多々ある中で、今回のFOMCハト派的な

内容となれば、株式市場の大きな上昇が見込まれ

なくても、底堅い展開が期待できるのではないだろうか。

【運用成績発表】

【個別株】

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190319135215j:plain

相変わらずな状態です。

MOMOは、好調。ヘルスケアセクター、しっかり。

一方、VZ、BMYは少し弱き。KHC、KOは低調。

18日は、中国ネット・IT株が軒並み高かった。

アリババ・グループが前日比0.48%上昇。

百度は、0.40%上昇した。

他、

シートリップ:+1.78%

JDドット・コム:0.75%

ウェイボー:0.35%

ネットイース:0.47%

モモ:0.94%

 

【iFree・NYダウインデックスファンド】

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190319135211j:plain

【iFree・S&P500インデックスファンド】

f:id:Tyokin-BuuBuu:20190319135207j:plain

指数に関しては、そこまで目立ったコメントは無い。

ただ、若干円高に傾いているので、

指数が値上がりしても、円高の影響で、上昇が抑えられる

ているところがある。

 

【〆の小話】

なぜ、私がMOMOを買ったのか。

気になる人がいるだろう(...たぶん)

きっかけは、米国個別株を持ちたいなと思い、

SBI証券でスクリーニングを行った際に、

出てきた。

成長株&割安株でスクリーニングを行った、

その際は。

で、ちょうど数日前に、

中国では一人っ子政策の影響だかで、

男女が中々結婚できない状況らしく、

無理に好みでもない人と結婚するよりも、

憧れの女性に仮想でもいいから貢たい、

男性がいるらしいニュースを知ったことがきっかけ。

で、MOMOがその代表格であり、私が購入する時は、

値下がっていたわけ。

で、今は何か利益しっかり出してんじゃんってなってる。

よく言うけど、身近なニュースや小耳にはさんだニュースには、

案外、チャンスが転がっているかもね。

 

【免責事項】

・本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません

・本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません

・期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください

・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します