20代、0円スタート投資ブログ。定年まで続くかな?

20代、貯蓄0円の『KABUReマウス』がおくる、定年までの投資ブログ。趣味や雑談も時折、掲載。ゆる~くご覧ください。

FOMC後の感想

FOMC後の感想

さて、FOMCの結果を受けて、どうだったでしょうか。

先日、私はロイターの記事を取り上げ、株価は値下がり、市場が混乱する可能性も含んでいることを述べた。

まず、結論から言うと私の考えとロイターの記事の内容は、悲観過ぎた。つまり、1日をみた限りでは、読みが外れたのだ。

ただ、全て外れたと言うとそれは異なる。まず、米国株は3桁の値下がりを見せた。利上げの停止により、金利で稼ぐ金融機関(特に銀行系)が値下がり率を牽引。

また、ハト派的な発言とは言え、前回のFOMCで述べられた内容と重複する部分も多く、市場が織り込み済の内容となったため、サプライズとはいかなかった。以上の結果、特段、大きな値上がりも無かったようだ。

株式市場は、横這いな様だが為替は異なってくるだろう。米国が利上げを停止すれば、日本は円高に傾く。事実、1ドル110円50銭(2019/3/21 19:33)を割り込んだ。日本株への悪影響が懸念されるだろう。

以上のことから、FOMC直後においては、米国の金融機関に一定の悪影響が生じ、米国市場の下落に結び付いた。だが、それ以上の影響は今のところを為替を除けば出ていない。問題は、為替動向だ。日本株への悪影響が心まず配されるだろう。

開催後も気が抜けないFOMCとなった。